6/17 みちくさ市のご報告

今回もたのしい1日,お世話になりました。わめぞの皆さん,大家さん,立ち寄っていただいた皆さん,ありがとうございました。相変わらず,何が売れるかわからない,「ロックンロールは鳴り止まない」状態ですが,次回もよろしくお願いします。

昨日の昼ひなか 近所の鬼子母神通りで

ぼくは古本を売った

家にある本を売った

一箱古本市というやつだ

しかし 何が売れるんだか全然わかりません

人は流れていましたが,結果は前回の半分程度。ただ,店を張った手ごたえは十分に感じることができました。

名指し(名前や経歴はまったく知りませんが)してしまうと,電気グルーヴの『電気GROOVEお兄さんのお仕事いろいろ』(ソニー・マガジンズ文庫)と『『楽園まで歩いて5分! 東京銭湯探偵団がゆく』(けいせい出版)を揃いで買ってくださった20代と思しき男性二人連れ,追加して「たくさんのふしぎ いしになりたい」までもっていってくださいました。完璧です。初手からわかりやすく並べればいいものを,適当に並べたなかから,この3冊を手に取り,買ってくださるとは本当にありがたい。店主冥利に尽きます。

端から端まで並んでいる本を眺め,「とにかくこの店で何か買わなければ」モードに突入してくださったお客さん。こちらも20代の男性だったと思います。ル・クレジオ『巨人たち』をずっと眺めている様子が視野に入ってきました。悩みに悩んで「UFOと宇宙」を差し出されたときのうれしさ。

こんな瞬間に出会うと,売上など関係ありません(とは言い切れないのですが)。「とにかくこの店で何か買わなければ」モードは,私自身,ときどき嵌ることがあるので他人事とは思えず,さらに,私の店でそのようなモードに入った場に出会えるのは本当にうれしい。

お礼と報告第一便として。Df29omFU0AAINmL.jpg large.jpg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中